マインドセット・モデルを変える

人は本来であれば、最低限の衣食住を満たせれば生きていけます。

実際にはそのよな生き方をしている人は稀だとは思いますが、、、

その意味で、99%のセールスマンは、本来必要のないものを売りつけている「詐欺師」だ、と言えるでしょう。

「詐欺師」という言葉に過剰に反応する人がいるとしたら、その人はおそらくセールスが苦手でしょう。

ここで1%を残したのは、私の知らないところで「詐欺師」ではないセールスマンがいるのではないかという不安と演繹的(えんえきてき)な発言への批判を回避したいという弱さでもあります。

では、99%のセールスマンが売っている「本来必要のないもの」とは、一体何なのでしょうか?

それは「差異」を生み出している情報、すなわち言葉が使われるかたちです。

このことは前回の投稿でも若干触れました。

現代社会では、言葉の差異によって「消費欲」をあおり続けています。

本当はもう何も必要ないはずなのに買い続けているわけです。

そして、私たちは否応なくこの「構造」に自覚のないまま絡め取られています。

この構造によって個々の人生設計が大きく左右されているのです。

この構造を利用する手段の一つがデザイン思考です。

時給290万円の人のマインドセット例

例えば、衣服。

同じ衣服であっても「レアもの」「有名人の愛用品」「季節の新作」「数量限定」「製造にまつわる物語」

といった言葉の差異が、新たな消費を無限に作り続けます。

これによって、すでに「衣服(A)」を所有していたとしても、新たな「衣服(B)」が不必要という心理にはならないわけです。

つまり、衣服(A)と衣服(B)の差が「言葉」で作られたもので、なおかつ実質的にはほんのわずかな違いしかない、あるいはまったく違いがないにも関わらずです。

そう、人は商品そのものではなく、商品の差異である”言葉の使われるかたち”にお金を出していると言えます。

それを違った視点で考えるならば、「言葉がオリジナルであって事実がコピー」という見方もできます。

例えば、私たちがよく活用しているシミュレーションとは、フランスの思想家、ボードリヤールが提唱した概念シミュラークルを作り出すことを云います。

シミュラークルとは、複製としてのみ存在し、実体をもたない記号、つまり模造(コピー)のことです。

私たちが差異(言葉)の消費社会に取り込まれていく中で、自覚のないまま、その「差異」自体が「実体」になっていくわけです。

すなわち、商品は本来の使用目的(デノテーション)を離れて、差異を生み出す情報(コノテーション)になるということです。

最上の関係を築く力

ともあれ、研修生時代の契約で、その後10年間は働かなくてもいい状態を確保できました。

その結果に一番驚いたのは私ですが・・・・

しかし、それは単なる副産物でしかありません。

もっとも、そのことに気づいたのは、ずっと後のことですが・・

私は、もっと素晴らしい宝を得ていました。

それは、「ご縁」です。

私の成長と歩調を合わせるかのように成長していくお客様。

私の環境の変化に付き合ってくださる人たち。

そんな素敵な方たちと共に成長する中で、明確になったことがあります。

それは、今のセールス方法をこのまま続けていてはいけない。

多くの人が踏襲(とうしゅう)しているセールスの方法のままではいけない、ということでした。

いきなり成功から始められる方法

「もっと顧客に寄りそった仕組みは作れないものか?」

「もっと人から感謝してもらえるようなことはできないのか?」

「どこかに、既にそれをやってる人はいないか?」

それは本や市場の中で簡単に見つけることができます。

それを参考にしてFP風を始めました。

そのルーツの見極めと解釈次第で、本当に素晴らしいエッセンスになります。

その人が何年も費やして見出した視点以上からスタートできるからです。

視点以上としたのは、それが書いた本人の実体験以上(理想)である可能性が高いからです。

ですから数千円の本が、数千万、数億円を生み出すことだってあるわけです。

著書の名前は忘れましたが、再建王といわれた坪内 寿夫(つぼうち ひさお)さんの書かれた著書と22歳の時に出会い、その5年後に起業しました。

確か780円程度だったと思います。

それだけではありませんが、それが数々の得難い経験につながったわけです。

本で得た知識によって、自分と他者の人生に影響を与えることができるのです。

それだけに、どんなものを選ぶかはとても重要です。

これを間違えると自分のみならず、縁ある人たちに悪影響を及ぼすことになるからです。

毒は人体を蝕みますが、悪い知識は人生そのものに損失を与えます。

私の場合、既に8万冊は読破しているであろうと思われる、極めて思考力の高い師匠に推薦していただいたものを中心に読んできました。

それ以外では、年間600冊以上の書物に目を通している人や、グルといわれる人たちに勧めていただいた本を読むようにしています。

お気づきでしょうか、この方達が私の宝なのです。

ですから、厳密に言えば重要なのは本そのものではありません。

因みに学問的階層で言えば、心理学や脳科学以下のものは書棚にはほとんどありません。

例えば、ノウハウ系やNLP、自己啓発まがい系などです。

「人の一生は、優れた書物を読み尽くせるほど長くない、そこにむなしさを抱かずにはいられない」

と師匠がもらしていたことを時折思い出します。

感触を大切にし、類似性を避ける

したがって、間違えたと思ったらダラダラ続けて読まないで、直ぐにやめる必要があります。

もっとも、私の場合はそのリスクが極めて小さいですが・・・

そうした損切りの感覚は、投資やビジネ、あらゆるシチュエーションで応用できます。

また、閾値を超えられるようなものを、是非チョイスしていただきたい。

わかりやすい、よく理解できるといった類似性(るいじせい)を感じるものではなく、できれば違和感があって、とても難解なものをチョイスして欲しいです。

もちろん、そうした書物に出会うための人脈を確保できれば最高です。

次回は「最悪のシナリオから脱出するために最低限必要なこと!?」です。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事