生産性向上をデザインする!?

前回の投稿で成功者の多くは、生産性を意識し維持していることを話しました。

では、なぜ彼らは驚くほど生産性が高いのでしょうか?

それは、彼らが何かしらのビジネスを所有しているからです。

もちろん、所有していなくても、生産性の高い人は世の中にたくさんいます。

でも、どこかの従業員である以上、その時給には限界があります。

一方、起業していても生産性の低い状態が長く続いているケースもあります。

つまり、労働時間に比して収入(売上ー経費)が極めて低くいということです。

なぜ、そのような悲惨な状態から抜け出せないままでいるのでしょうか?

正しいデザインが必要

彼らはビジネスというものを理解できていません。

ビジネスを自分の願望を満たす道具としているのです。

このことは、ビジネスに限ったことではありません。

仕事や個人的なプランについても、まったく同じことが言えます。

キャリアデザインやライフデザインのことは知っているが、キャリアデザインやライフデザインそのものを理解できていない。

そのことに十数年前(2001年)に気づきました。

今では、私と同じような考え方をしている人もいるとは思います。

「ビジネスモデルを個人のライフデザインに適応する。」

そのような考え方で取り組んでいたのは、当時は恐らく私だけです。

その過程でとても重大な事実も発見しました。

「願望を追求する行為によって、自ら余計な問題を作り出している」という事実です。

そのデザインが余計な問題を創っている

その計画が、個人の願望を満そうとするデザインになっている限り、納得のいく成果は得られないでしょう。

人生における成功と仕事は密接に関係しています。

仕事の質や職種によって、組み立て方が異なるからです。

既にあなたも体験しているかも知れません。

例えば、自分の願望だけ追求しているような人を、パートナーにしたいとは思わないはずです。

そのようなタイプの人は仕事でも煙たがられます。

特にセールス関連の仕事をしているなら尚更のことです。

一時的に上手くいったとしても、最終的には痛い目にあうでしょう。

一方成功者は、相手の願望をかなえるための仕組みを考案して提供します。

「人間は自分の願望を遂げようとする生き方」であることを十分理解しているからです。

それについては、リチャード・ドーキンス博士の「利己的な遺伝子(邦題)THE SELFISH GENE」にもよく描かれています。

そうした思いが、余計な障害を創り、増やし、ものごとがスムーズに進まなくなる原因であることも知っているのです。

また、願望追求タイプは、自分や他者の体験からほとんど学び取ることができません。

さらに、余計な問題を作り出しているのが、他でもない自分自身であることにも気づいていません。

ですから、どんどん時間とお金が奪われ続けています。

そして、主に不公平感、憤り、怒り、不安といった感情とともに日常があります。

それが願望追求タイプの当たり前の世界(世界観)だからです。

彼らの人生にそのようなことは望んでいないはずです。

しかし、残念ながら彼らはその本質に気づいていません。

なぜなら、それが彼らのコンフォート(安心・安定)ゾーンになっているからです。

私はこのことに辛うじて気づくことができました。

それで人生が一変しました。

しかも、一瞬で変わったのです。

あなたもどこかで聞いたことがあると思います。

変わるときは一瞬だと・・・・・

自動的に損失を回避できるデザインを!

結局、何をやっても、何を試みても、どんな知識を得たとしても、これらが理解できない限り、最終的には時間とお金が減る以外何も起きません。

以前の私がそうだったように・・・・・・

仮に一時的な旨味が得られたとしても結局全てを失ってしまうのです。

世の中を上手く渡っているようでも、同じ領域の中で類似した行動が繰り返されているだけです。

ですから、最終的に時間、お金、労力を浪費するだけという事態になりかねません。

異なった結果を望むなら、アプローチを変え、デザインを再構築していく必要がります。

つまり、もう一方に目を向け、意識して積極的に取り入れていく必要があります。

その思考プロセス法については次回解説します。

ではまた。。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事